2023年2月16日
2023年2月16日

Snap Inc. 2023 インベスター・デイ – 要約

本日、金融アナリストや機関投資家を対象にインベスター・デイを開催しました。実際に参加または視聴してくださった皆さまと、当社のビジョンを共有できたことを嬉しく思います。 
完全なトランスクリプトとスライドは、こちらの当社IRウェブサイトよりご覧いただけます。以下に、主要な統計と各エグゼクティブスピーカーによるプレゼンテーションの概要を記載しています。
  • 当社のコミュニティは現在、月間アクティブユーザーが7億5000万人を突破するまでに成長しています。
  • 現在の成長率をもとにすると、Snapchatユーザーは今後2〜3年間で10億人を達成すると予想されます。
  • 北米では、月間アクティブユーザーが1億5000万人を突破しています。
  • 米国のSnapchatユーザーは、1日あたり40回近くアプリを開いています。
  • 毎日Snapchatを開くSnapchatユーザーの60%以上が、Snapを作成しています。
  • SnapchatをダウンロードしたSnapchatユーザーの70%以上が、アプリ起動初日にARを利用しています。
  • スポットライト視聴者1人あたりの利用時間は、ストーリー視聴者1人あたりのフレンドストーリー視聴時間を大幅に上回っています。
  • 開始からわずか6か月で、Snapchat+の登録者数は250万人に達し、年間売上高は1億ドルを突破しています。
共同創設者兼CEOのEvan Spiegelは、まず、Snapのビジョン、進捗状況、ビジネスプラン、および当社にとっての長期的チャンスと可能性について述べました。
「本日はこの場にお越しいただき、ありがとうございます。Snapに対する当社のビジョンについて、皆さまとより詳しく共有できることを嬉しく思います。当社の長期的チャンスは計り知れませんが、現時点では、不安定なマクロ経済環境、プラットフォームポリシーの変更、競争の激化など、いくつかの重要な課題に取り組んでいます。」
「本日の目標は、当社の計画とこれまでの進捗状況を皆さまに説明することで、これらの課題に取り組む当社の能力を信頼していただくことです。また、当社の事業の長期的な可能性について、なぜこれほどまでに期待を寄せているのか、その理由についてもお話ししたいと思います。」
「Snapは多くの大手テクノロジー企業に比べるとまだ小さな事業ですが、2022年には売上高を46億ドルにまで成長させ、大きな前進を遂げました。私たちの大規模かつリーチしにくいオーディエンス、ブランドセーフな環境、革新的な広告プラットフォームにより、次世代にリーチしたい企業にとって貴重なパートナーとなっています。」 
「本日、当社のコミュニティは月間アクティブユーザーが7億5000万人を超えるまでに成長したことをお知らせします。20か国以上で13歳から34歳の75%以上にリーチしており、これらの国々は広告マーケットの50%以上を占めています。前回のインベスター・デイ以降、1億人を超えるデイリーアクティブユーザーが新たにSnapchatに登録しており、私たちのコミュニティは現在、3億7500万人以上のデイリーアクティブユーザーを抱えています。」
「1日平均50億件以上のSnapが作成され、その中からコミュニティが選んだベストをスポットライトに投稿しています。スポットライト視聴者1人あたりの利用時間が急速に伸びており、ストーリー視聴者1人あたりのフレンドストーリー視聴時間を大幅に上回っていることは、喜ばしいと言えるでしょう。」
「ボビーと私がSnapchatの開発を始めたとき、私たちはコミュニケーションをより良いものにしたいと考えていました。私たちはまず、デジタルな会話に生命を吹き込むために消えゆくイメージを使用し、視覚的かつ刹那的にすることから始めました。以来、私たちは人間の日常的な行動を特定し、デザイン、イノベーション、テクノロジーによってそれらをより良くしようと努めることで、ビジネスを成長させてきました。」
「長期的に成功するビジネスを構築するために必要なものはすべて揃っています。大規模かつ成長しているコミュニティ、進化し続ける革新的で魅力的な製品、プラスのフリーキャッシュフローの実績を持つ強力なバランスシート、そして、世界がこれまでに見たことのないコンピュータの最も有意義な進歩になると当社が信じる、拡張現実の長期的ビジョン。」
グロース担当SVPのJacob Andreouは、グローバルオーディエンスの増加、Snapchatユーザーのエンゲージメントの増加、Snapchatの長期的な定着を継続的に促進するというSnapの計画について説明しました。
「月間アクティブユーザー数が1億5000万人を超えるまでに成長した北米など、収益性の高いマーケットにおいて、引き続きリーチを拡大し続けます。」
「現在の成長率から予測すると、Snapchatは今後2〜3年間で10億人以上にリーチできると考えられます。」
「当社のサービスは、友人や家族との迅速、簡単、楽しいビジュアルコミュニケーションという、粘着性のある魅力的なユースケースを提供しており、実際にSnapchatコミュニティの成長の実績があります。当社は成長を、新しいSnapchatユーザーの加入、ユーザーのエンゲージメントの増加、およびユーザーの長期的な定着という3つのインプットの観点から考えています。」
「新規のSnapchatユーザーの人生における重要な瞬間に参加することは、コミュニティの長期的な健全性をサポートします。Snapchatユーザーがスマートフォンを使い始めた早い段階で当社のサービスを発見し、親しい友人とSnapを始めると、Snapchatのデイリーアクティブユーザーであり続ける可能性が非常に高くなることが分かっています。」
「現在、35歳以上のSnapchatユーザーはこれまで以上にSnapchatに接続しており、このグループのDAUとコンテンツ利用時間の伸びは、全体のDAUとコンテンツ利用時間の伸びを上回っています。これは、定着したSnapchatユーザーが私たちとともに年齢を重ね、比較的高齢の層にリーチを拡大していることを裏付けています。」
「サービス利用開始の初年度から5年間は、年率平均で約90%の定着率を誇っています。Snapchatは、進学、一人暮らしや新しい仕事のスタートなど、人生の重要な瞬間において友人とつながり、既存の関係を深めるための迅速で楽しい手段を提供することで、長期間にわたるサービス全体への強いエンゲージメントと定着を実現しています。」
「私たちは世界で最も価値のある地域の多くで、人口構成的に他所にリーチすることが困難な層を含む、大規模かつ成長を続けるコミュニティを構築してきました。コミュニティに永続的な価値を提供し、それらを高いレベルで維持することで、これを実現してきました。そして私たちはまだ、中核をなす層とマーケット、および新たな層の両方においてコミュニティを成長させるための大きなチャンスを持っています。」
プロダクト担当VPのJack Brodyは、Snapchatの製品そのものについて深く掘り下げ、Snapchatユーザーの体験をいかに改善するかを常に考えていることを説明しました。
「私たちは友人同士の有意義なコミュニケーションに焦点を当てることで、コンテンツ消費に特化した他のプラットフォームとは一線を画しています。このユニークなアプローチは、高い利用頻度、深いエンゲージメント、そして回復力のある定着性につながります。例えば、ここ米国では、Snapchatユーザーは1日に平均40回近くSnapchatを開いています。(そして)毎日Snapchatを開いているSnapchatユーザーの60%以上がSnapを作成しています。」
「今日、友人にSnapかチャットしたSnapchatユーザーの88%が、今後7日間毎日アプリを利用します。そして過去1年で、ユニークな友人同士の会話数は30%以上増加しています。」
「この10年間、私たちはビジュアルコミュニケーションの成功を基盤として、より多くの価値をコミュニティに提供してきました。そのために、私たちは人々が日々愛し、求め、必要とするものを、デザインとテクノロジーによってより良いものにすることに取り組んできました。日常的な行動に焦点を当て続けることで、驚くほど深いエンゲージメントを獲得し、長期的な定着を促進するサービスを構築することができました。」
「Snapchatユーザーは私たちのマップを気に入ってくれていて、毎月3億人以上が利用しています。ナビゲーションマップではなく、ソーシャルマップを提供しているため、利用頻度が非常に高いのです。デイリーマップユーザーは平均して1日6回マップを開き、友人の近況を確認したり待ち合わせをしたりしています。」
「ARはSnapchatに多くの新規ユーザーを引き込んでおり、コミュニティ成長の重要な原動力となっています。SnapchatをダウンロードしたSnapchatユーザーの70%以上が、アプリ起動初日にARを利用していることが分かっています。」
「フレンドストーリーの価値を継続的に向上させるために、3つの主要な取り組みに注力しています。まず、Snapchatユーザーにとって最も関連性の高いストーリーを表示するために、ランキングとレコメンデーションモデルを常に改良しています。」
「2つ目は、Snapchatユーザーがストーリーに投稿しやすくするためのツールに投資し、友人間でのストーリー利用率を高めることです。1つ以上のフレンドストーリーを視聴可能なSnapchatユーザー数は、前年比で15%以上増加しています。」
「最後に、私たちは常に新しい機能を追加し、追加価値を提供しています。最近、メンバーが友人を追加したり、共有キャンパスストーリーに投稿したりできるプライベートグループ向けプロダクト、コミュニティをリリースしました。まずは大学や高校からスタートし、時間をかけてより多くのコミュニティに展開していく予定です。現在、米国では1,400校の大学に対応しており、今後も世界中の大学に拡大していく予定です。」
「米国では、クリエイターストーリーとスポットライトの両方において視聴者1人あたりの利用時間が第4四半期に前年と比較して2桁の割合で大きな伸びを示しました。これが、クリエイターを倍増させる理由です。スポットライトは比較的新しい機能ですが、その成長には目を見張るものがあります。スポットライトは、すでに月間3億人以上のSnapchatユーザーにリーチしています。第4四半期には、スポットライトの総視聴時間が前年より2倍以上になり、スポットライトへの投稿も同時期に比べて20%近く増加しています。」
「このような背景から、私たちは、この極めて情熱的なオーディエンスに直接、新しい、独占的、実験的な機能を提供するサブスクリプションサービスを開発することができたのです。月額3.99ドルの定額制サービス、Snapchat+でこれを実現しました。昨年7月にリリースされ、すでに250万人以上の登録者にサービスを提供しています。」
マーケティング最高責任者のKenny Mitchellは、なぜSnapchatがマーケターにとって強力なのか、ブランドはどのようなストーリーをこのプラットフォームで共有すべきか、そして広告主はどのようにしてブレークスルーを可能にするのかを紹介しました。
理由:「私たちは従来のソーシャルメディアに対する解毒剤です。なぜなら、私たちの完全に不完全な瞬間を身近な人たちと自由に共有できる場所を作ったからです。」
「Snapchatはオーセンティックな環境です。プライベートな環境。そして、何よりも、それは幸せな環境なのです。実際に、Snapchatユーザーの91%はSnapchat利用時に幸せを感じており、競合他社と比較してもっとも幸せなプラットフォームであるという驚異的なデータが得られています。」
「Snapchatは、リアルな関係性によって、ブランドが本当の影響力を持つ環境を作り出す場所です。Snap広告が友人や家族のストーリーと並んで表示されるSnap広告や、友人からスターバックスのレンズを使用したSnapが送られてくると、そのメッセージに対する受容性が高まり、レコメンデーションヒットも向上します。このため、Snapchat広告は他のプラットフォームに比べて関連性が高く、その結果、Snapchatユーザーはブランドを推薦する可能性が45%、広告の商品を購入する可能性が34%も高くなるのです。」
いつ:「Snapchatでブレークスルーする3つの重要な瞬間:ローンチ、テントポール、そして日常の瞬間。」
「Snapchatは、人々が重要なできごとから些細なできごとまで、実際の日常生活を共有して楽しむNo.1プラットフォームです。実際、主要マーケットにおけるSnapchatのトップデーの40%近くは、主要な祝日や瞬間とは関係ありません。これは、オールウェイズオン戦略をとるブランドには有効な手段です。私たちのコミュニティが日々のリズムを共有しているように、ブランドもまた、小さくてもインパクトのある方法で潜在的な消費者に喜びをもたらすことができるのです。」
方法:「簡単に言うと、ブランドはSnapchatでフルスクリーンビデオフォーマットと没入型拡張現実の2つの方法で広告を掲載します。これは注目を集めるだけでなくパフォーマンスも促進する広告フォーマットであり、常に高品質で魅力的な広告であると言えます。」
「Snapchatの垂直方向のビデオを撮ると、ソーシャルビデオの規範と比較して5倍の注目を集めることができます。これは、Snapchatを使用することで、ブランドが安全で厳選された信頼できる環境でストーリーを伝えることができるからです。先に述べたように、Snapchatユーザーは幸せを感じ、メッセージをより受け入れやすくなっているのです。」
「ブランドは(ARレンズで)真の成功を収めています。例えば、Snapchatの拡張現実レンズは、電通のベンチマークに比べて4倍も注目を集めました。」
「Snapchatは、ブランドが短期的な成果を生み出しながら、長期的な目標を達成するのをサポートするユニークな態勢を整えています。私たちは、パワフルでクリエイティブな一連の広告ソリューションを通じて、適切なオーディエンスに広告を提供します。これらはすべて、私のようなCMOが夜によく眠るために役立つものです。」
最高執行責任者であるJerry Hunterは、広告主のパフォーマンスを向上させるために、エンジニアリングとセールスをどのように進化させているかについて詳しく説明しました。
「収益拡大を加速させるための優先課題はシンプルです。広告パートナーに測定可能な価値とポジティブなビジネス成果を提供し、当面は直接的なレスポンスパフォーマンスに重点を置くことです。」
「デジタル広告費という非常に大きく成長するパイのシェアを獲得するために、私たちはいくつかの事項に注力する予定です。1)他ではリーチすることが困難な、多くの熱心なオーディエンスを広告主に提供すること、2)ブランドセーフな環境下で、魅力的でパフォーマンスの高い広告フォーマットを提供すること、3)キャンペーンを最適化できる広告プラットフォームを提供し、広告パートナーに魅力的な広告費用対効果をもたらすこと。」
「特に最適化、測定、広告ランキングに積極的に投資することで、測定可能な広告主の成果をより効率的に促進します。このようにして、CPMの向上とROIの向上を同時に実現できると考えています。」
「当面の主な焦点は、ダイレクトレスポンス広告(DR)です。現在、DRは当社の広告事業の約3分の2を占め、ブランド志向のビジネスよりも速いスピードで成長を続けています。DRがレジリエンスに優れているのは、費用に対する高い信頼性を必要とする広告主にとって最も測定可能なROIを提供するからだと、私たちは信じています。」
「プラットフォームポリシーの変更による制約をプライバシーに配慮した方法で克服するために、1)観測可能性と測定への投資、2)エンゲージメントとコンバージョンの質の向上、3)高品質のエンゲージメントとコンバージョンの量の増加、以上の3つの主要分野で広告プラットフォームの更新および改善を進めています。」
「コンバージョンAPIの採用は順調に伸びており、収益の大部分はコンバージョンAPI、ピクセルインテグレーション、SKAN、MMPからのシグナルを使用して測定されています。」
「収益の30%以上は、WebベースのDR広告主とSKAN経由のアプリベースのDR広告主の両方を含む、推定コンバージョン計測により測定されています。」
「エンゲージメントとコンバージョンの質の向上に取り組んでいます。これらの変更により、広告主はラストクリックコンバージョンパフォーマンスが向上し、Snapchatユーザーはより良いポストクリック体験が得られることになります。例えば、エンゲージメント、リーチ、リードに最適化されたキャンペーンでは、クリック品質の向上により、クリック後の視聴時間が40%増加し、Googleアナリティクスセッションのマッチ率が約15%上昇しました。また、より関連性の高い広告を表示するように設計されたMLモデルのアップデートにより、広告視聴時間が40%以上も改善し、非バウンス率が25%増加しました。」
「AR広告のチャンスを完全に実現するために、現在、エコシステムを成長させる方法を特定しています。WPP、Publicis、電通などのメディアエージェンシーと提携し、ARをブランドの市場参入戦略に統合するための新しいスケーラブルな方法を模索しています。また、3DやARアセットを作成、管理、展開するためのバックエンドシステムを提供するVertebraeなどの買収により、AR広告の作成、管理、展開をこれまで以上に容易に行えるようにしています。」
「ユーザー1人あたりの平均収益を伸ばし続けることを中期的に考えているため、Snapマップのように、広告主がより多くのプラットフォームでSnapchatユーザーにリーチできるような様々な方法を検討しています。もちろん、非常に急速に成長しているスポットライトを収益化することでより多くのインベントリーを開放していく予定です。」
「エンジニアリングチームとプロダクトチームは収益を生み出す機能をマーケットに投入してきましたが、顧客との緊密なフィードバックループはありませんでした。これらは技術的な実装であり、通常、顧客が最良の結果を得られるようにチューニングと修正を必要とするものです。フィードバックループを緊密にするプロセスとチームに投資することで、より迅速に製品を改善することができました。」
「1つだけ取り上げるべきポイントがあるとすれば、私たちは広告プラットフォームを進化させており、初期段階ではありますが、すでに強い成果を生み出しているということです。」
共同創設者兼最高技術責任者であるBobby Murphyは、当社が拡張現実におけるリードをどのように加速しているか、当社のARに対する各投資がどのように適合しているか、そして、なぜ当社がARの未来に大きな期待を寄せているのかについて説明しました。
「私たちは、拡張現実がコンピューティングにおける次の大きな変化を表していると考えています。ARにより、デジタル体験を私たちの周りの世界に織り込むことで、日常生活におけるコンピューティングの利用方法を進化させることができます。」
「当社のAR製品とサービスは、現在、大規模な影響をもたらしています。毎日平均2億5000万人以上がSnapchatで拡張現実を利用しています。私たちのコミュニティは、1日平均数十億回、ARレンズでプレイしています。また、当社のARクリエイターコミュニティは、Lens Studioソフトウェアを使用して300万以上のレンズを構築しています。」
「このユニークなポジションにより、世界で最も使用されているカメラの1つを活用し、先進的なテクノロジーとツールを開発し、活気あるエコシステムを成長させることで、過去10年間にわたり拡張現実の分野でリードすることができました。」
「今後5年を見据えて、カメラキットでの初期の成功を基に、企業や開発者、起業家がARによってビジネスニーズを解決できるようにすることで、Snapchatを超えるビジネスを創造していきます。」
「現在、ARはSnapchatのモバイル体験の大部分を占めており、やがて、新しいハードウェアがARを別の次元に押し上げるチャンスがさらに増えると考えています。ウェアラブルARデバイスであるSpectaclesの開発は、このような思いから始まりました。ウェアラブルは長期的に重要なチャンスであり、非常に熱心な初期のクリエイター、急速に進歩するテクノロジー、そして最高の、最も使いやすく、最も魅力的なARデバイスを開発する方法についてのますます明確な見解により、驚くべき早期の進歩を遂げています。」
最高財務責任者のDerek Andersenは、前回のインベスター・デイ以降に達成した財務上の進展と、今後数年間でSnapの収益成長を加速させる計画について説明しました。
「今から2年前に、中期的、つまり2〜3年以内に60%のグロスマージンを達成する計画を立てました。ユーザー数を増やしながらも、収益面での逆風にもかかわらず、この目標を予定より早く達成できたことを誇りに思います。」
「2021年、トップラインの成長率が高止まりする中、営業費用に多額の投資を行いました。しかし、2022年に成長が鈍化したため、コスト構造の優先順位の再設定に迅速に取り組み、将来予想される年間調整後の営業コストを4億5000万ドル、キャッシュコスト構造を合計で5億ドル削減することができました。この6か月間、この再優先順位付けを実行し、2023年第1四半期にこれらのコスト削減の効果を完全に実現する予定です。」
「2021年、当社株式が約64ドルで取引されていた頃に、11億ドル以上の発行転換社債をクラスA普通株式に早期転換するために、債務保有者と交換協定を結びました。これにより、現時点での当社の未払い負債は約37億ドルまで減少し、加重平均クーポンはわずか24ベーシスポイント、加重平均償還期間は4年以上先になりました。バランスシートの保守的かつオポチュニスティックなマネージメントは、2年連続でプラスのフリーキャッシュフローを達成したことにより、当社が10億ドルの資本を責任を持って展開し、歴史的に低い評価水準で自社株を買い戻す立場にあることを可能にしてくれています。2022年12月31日現在、発行済普通株式の6.7%に相当する株式を取得しました。こうしたの取り組みの結果、完全希薄化後の株式数の成長率は、2020年の3.4%から、2021年には1.2%となり、先に述べた早期転換後の2022年には0.2%となりました。」
「今後の見通しとして、トップライン収益の成長率が低い場合でも、調整後EBITDAの収益性とFCFのプラスを実現する道筋が見えてきたと確信しています。私たちは、この点に関してはこれまでの取り組みに誇りをもっており、私たちの企業価値を高めるための重要なインプットであると考えていますが、これは私たちのビジネスに対する野望を映し出すものではありません。当社のビジネスが持つ財務的可能性をフルに発揮するためには、トップラインの収益成長を加速させる必要があるのです。」
「当面は、ダイレクトレスポンス広告のプラットフォームの改善に注力し、すでに確立しているリーチとエンゲージメントの深さをより有効に活用できるようにしたいと考えています。この点については、大規模なクライアントとのより深い統合、クリックスルーパフォーマンスの向上、測定可能なパフォーマンスに焦点を当てたモデルの再トレーニングを通じて、大きな進展を遂げています。」
「中期的には、当社のイノベーション実績が、時間の経過とともにARPUの機会を拡大し、収益源を多様化する上で有利に働くと考えています。たとえば、Snapchat+はSnapにまったく新しい収益源を提供し、リリースからわずか6か月で登録者数は250万人以上に達し、年間収益は1億ドルを超えています。」
「最後に、一歩下がって、チームが今日発表したことの全体像と、皆さんに持ち帰っていただきたい最も重要なポイントをまとめたいと思います。
  • まず、月間アクティブユーザー数10億人のコミュニティ構築に向けて順調に進んでいることです。当社の主力製品であるビジュアルコミュニケーションは、世界で最も価値のあるマーケットの一部と、他ではリーチすることが困難な若い層に大きな影響を与えています。
  • 第二に、最優先の戦略的優先事項のために十分な資金を確保し、収益成長率が低下した場合でも、調整後EBITDAの収益性とプラスのフリーキャッシュフローを実現するための明確な道筋を確保できるよう、投資の優先順位を再設定しました。
  • 第三に、厳しい事業環境の中でもシェアを獲得するために、DR事業の改善計画を実行していることです。
  • 第四に、コンテンツエンゲージメントを高めるための革新的な取り組みを行っています。この戦略は、スポットライト、クリエイターストーリー、コミュニティストーリーの進展に示されるように、明確な成果を上げています。
  • 第五に、Snapchat+の初期の目覚ましい成長に見られるように、収益源の多様化に向けて急速に前進していることです。
  • そして最後に、私たちは、ARが次のコンピューティングプラットフォームを牽引すると信じています。当社が持つ最先端のAR技術、確立されたクリエイターエコシステム、AR体験に深く関わるコミュニティの組み合わせは、次のコンピューティングプラットフォームへの移行におけるリーダーとしての地位を確立すると信じています。」
「本日のプレゼンテーションを終える前に、最後に1つ考えておきたいことがあります。それは、本日ここで提示したすべての戦略的イニシアチブを実現するために最も重要なインプットは、イノベーションであるということです。これには、当社の製品、広告プラットフォーム、ARの未来のイノベーションが含まれます。当社の過去12年間に実証されたイノベーションの実績により、コミュニティ、パートナー、投資家の皆さまにこれを提供できると確信しています。」
___
この要約には、将来の見通しに関する記述が含まれています。将来の事象についての期待、予測、ガイダンス、その他の特徴に言及する記述は、現時点における当社の仮定に基づく将来予想に関する記述です。実際の結果は、これらの将来予想に関する記述と大きく異なる可能性があり、当社は開示内容を更新する義務を負いません。実際の結果がこれらの将来の見通しに関する記述と大きく異なる可能性がある要因の詳細については、SECへの提出文書を参照してください。 
この要約には、GAAP方式と非GAAP方式の両方の指標が含まれています。両者の調整表は、当社IRウェブサイト内の資料に記載されています。当社の指標の算出方法については、SECへの提出文書を参照してください。
ニュースに戻る